不動産投資をするには条件の良い物件が必要|収益物件の特徴

貯金箱

家賃保証のメリット

積み木

家賃保証サービスは、物件を入居者に貸し出したときに家賃滞納によって収入が途絶えることを防ぐサービスです。家賃保証サービスを提供している会社と契約をするとメリットが大きいです。まず、敷金などの初期費用が少なくなります。保証会社と契約していない場合には、入居者が立ち退きをした後の整備代などで敷金を何カ月分も多く取らないといけません。そうすると、入居時の契約金が高額になってしまいます。そのことで入居者が見つかりにくくなるため、物件が長い間空室になってしまいます。しかし、家賃保証サービスを提供している会社と契約していれば、入居者が部屋を出た後の整備代などの心配をする必要がなくなるのです。つぎのメリットは、家賃保証会社の支払いは入居者が行なうということです。そのため、オーナーが事務手数料などを負担することはないのです。さらに、入居者がいる状態の物件でも家賃保証会社と契約していれば、売却しやすいこともメリットのひとつです。保証会社と契約している場合は、その入居者が物件を明け渡すまで保証期間が続きます。そのことで、物件を買った人も入居者が家賃を滞納したときにも、リスクを負うことがないのです。そのため、物件が早い段階で、しかも高い金額で売れるのです。最後が、悪質な入居者を入居させる前に審査することができることです。賃貸物件の初期費用が安い場合、始めから家賃を滞納するつもりの入居者もいます。家賃保証会社との契約を必須にしておけば、そのような入居者は審査の時点で落とされるので、審査に通った入居者に安心して物件を貸し出すことができます。これらのことから、家賃保証サービスを提供している会社との契約は必須だと言えます。